生き方・考え方

人は4タイプに分類される

今日も自分の人生をアップデートしていますか?

甫です。

少し大げさですが人生において、私はこの理論に出会えて本当に良かったと思います。

非常に重要なテーマだと思っています。

それは自分がどのようなタイプかを知るということです。

結論から言うと、4つのタイプに分類されます。

  1. ドライビング
  2. エクスプレッシブ
  3. エミアブル
  4. アナリティカル

1.ドライビング

突き抜けた癖の強いタイプ

論理的・回りくどいことが嫌いで、結論から言って欲しいタイプです。

経営者に多いタイプらしく、私自身もこのタイプです。

ドライビングの人は、対人関係に少し難ありの人が多い。なぜならば性格的に悩んだり考え込んだりせず、論理的に合理的に判断して答えを導き出す。白か黒かをはっきりさせたい。グレーゾーンなんて存在しない。よって、高圧的に思われるタイプです。

0から1を生み出せる可能性のあるタイプ。みんなと肩を組んでやっていこうというより、1人で何でもこなそうとするタイプ。漫画のタイプで言うと、ワンピースと言うよりかはキングダムのような感じではないでしょうか?(この表現が適切化は微妙(笑))

どんどん一人で突き進んで切り開いていけるタイプで、振り返ることはあまりないと思っています。人がついて来れないなら、それでも構わない。って感じですね。

みんなで仲良くワイワイやってこうという感覚が良く分からない。とにかく結果を出して働きませんか?と言うタイプ。

2.エクスプレッシブ

チームを引っ張っていけるリーダー的な存在

クラスの人気者タイプ。冗談を言うことも多く、ムードメーカーである。人の話を聞いて賛同し、なおかつ自分の意見を付け足し、相手に共感しながら自身の意見を伝えることができる。ある意味世渡り上手のタイプかもしれません。

チームの中に1人いると、チームの雰囲気が良くなります。

ただ一方でノリだけで仕事をしているとか、冗談が過ぎるといったような判断をされることもあります。基本的に苦手なタイプはいませんが、敢えて言うなら、合わないのがアナリティカルです。細かいことは気にしないで、勢いを持って仕事がしたい傾向にありますので。

3.エミアブル

相手に寄り添って行動することができるタイプ

自分で何かを決断して、行動に移すこと苦は手とするタイプ。ただサポート役に徹したときになんでも賛同して行動をとってくれる。裏切ることが少ない。そして第一印象も攻撃的な感じが一切しないので、好印象。最初の印象は女性であれば抜群に良いと持っています。もし男性がこのタイプだと、古い考えてはありますが「男らしくない」と判断されてしまうかもしれません。

決断するということができないタイプなので、何か重要な決断をするときは非常にストレスを感じるタイプだと思います。

1番苦手とするタイプがドライビング。高圧的なタイプが苦手である。

4.アナリティカル

数字と根拠をベースに動く分析型

何かをする場合には根拠・数値を好むタイプ。何事も慎重で物静かな感じがします。データに基づいた行動を好むので、ノリや勢いで何か行動するということは少ないです。細かい仕事は得意で、日々の記録を取ったり分析するのが得意なタイプ。石橋は叩いて渡るタイプです。

アナリティカルのタイプの人は、ドライビング・エクスプレッシブのタイプが苦手です。

この4つのタイプは、リクルートさんが資料として提案しているものです。

様々な経営者やスタッフの方と会う中で、今回のそれぞれの特徴に私の意見を付け足したものです。大事なことは、自分のタイプを見極め、相手のタイプを見極めてどのようにコミニケーションを取るのか・仕事をするのかというのがとても大事だと思います。特に今後就職活動や転職活動を控えてる人は、自分がどんなタイプなのかを見極めることは、すごい大切なことであると思います。

私自身がドライビングのタイプであるため、エミアブルやアナリティカルのようタイプの人とは少し反りが合わない傾向にあります。

また淡々と物事を伝えていってしまうで、少し高圧的と思われることもあり、仕事上スムーズにいかないこともあります。

ただ、何か1つ「これだ!!」と決めたときの行動力には自信がある(ドライビングの人はこの傾向が強いらしい)ので、

ブログを書き進めること

プログラミングを勉強すること

を継続しています。

誰かと協力しないといけないと言うわけではないので、タイプとしてこの選択は合っているのではないかと思っています。

社会に出たときに、ポジションや職種にもよるが、人との関わりは必ずあります。

その時に自分のタイプがわかっていないと、実際どのように対応していいのか、また相手がなぜそのような対応をとるのか、が分からず困惑することもあるかと思います。

相手と自分がどんあタイプなのかを知ることによって、仕事って結構うまくいきます。

人を4つのタイプに分類するなんて、くだらないことだと正直思っていました。馬鹿にしていました。

しかし、活用することによってかなり対人関係・他社への考え方が変わったと思います。信憑性と再現性があると思っているので、是非とも自分が一体どんなタイプなの考えてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-生き方・考え方
-,

Copyright© hajilog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.